一年以上も先の為替の相場がが円高だろうか

FXをやる興味深いところは、たった一つの投資商品であるにもかかわらず、資金投下の期間を短い・普通・長いの中でどの期間をセレクトするかによって、出資の手法がまるっきり違ってくる点にあるのです。

初めに外貨投資の「長期の投資」に関して考えてみよう。

長期投資というものは一年以上の長期の投資を基準としているのが通常です。

基本的に為替レートにおいては、一年以上も先の為替の相場がが円高だろうか、それとも円安なのかを推測するのは一般的に困難に違いありません。

当然、「そこまで先の将来のことは予言できない」と思うのが本音だからです。

見当もつかないのに懸命に推測しようと努力しても、それは無茶苦茶な行為です。

そのことから他の貨幣を買ったとして、価格よりも円高に変動したとしてもしばらく経てば円安に戻るはずだくらいの感覚でやり取りに臨む必要があります。

利益を追いかけるばかりでなくその他の利益、言い換えればスワップ金利(異なる通貨間の金利格差)で利益を上げるのを初めの目標ということにしてお金を預けましょう。

当たり前ですがちょっとの期間で為替変動によるマイナスがなってしまうこともあります。

そのことから、差損でも耐えられるようにレバレッジを少しでやり取りするのは大切です。

FXは損がある金額以上に大きくなってしまうと、追い証(追加保証金)を出さなければならなくなったり、あるいはロスカットがかけられたりします。

ストップロス(ロスカット)がかかったら、そこで売買を終了しなければならず長期投資ができなくなります。

この手のリスクを避けるには、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍あたりで売り買いするのがベストです。

第二に中期のスタンスを狙ったやり取りを見てみましょう。

中期においては長くても1?2ヶ月程度後々を考慮しての取引をします。

為替トレードの時、約1ヶ月ほど先のことであればだいたいの場合、予想しやすいと言われます。

G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)の類の各国の閣議の内容や市場参加者がどのような問題に興味があるかを確認すれば、それなりに、予測できると思います。

このファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)をチェックしながらチャートを参考にすることによって為替のレートの状況を把握する事ができどちらのポジションかを見極めるといいでしょう。

基本的に、ファンダメンタルズとジャッジの両面で良い方向であり、あるいはどちらも買い傾向が一致していればまず判断した通りに変動すると思って良いでしょう。

持ち高を増やすことでより多額のリターンをもらえるはずです。

3つ目に短期の重要点です。

この短期トレードというのは言うなればデイトレーディングのことを指しています。

為替市場でデイトレーディングをするには、ファンダメンタルズはまったく関連がないと思います。

なぜならば次の日の為替レートの変動にファンダメンタルズは関連がないからです。

ここで一番の重要ポイントは大きな出来事がある際、そのおかげで為替相場が変化するチャンスを見逃さないよう取引することです。

例として、米国で雇用の情勢が公開されるそれとも金融政策等により金利が変動するほどの出来事。

こんな一瞬の変動を見逃してはいけないという意味で、短期スタンスは高度なものが求められる。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.epilobe.org All Rights Reserved.